セミナープログラム

※プログラムは予告なく変更となる場合がありますので予めご了承ください。
<敬称略>

聴講無料 事前登録制 定員100名



A会場 B会場
11:00

11:40

A24-1

アグロ・イノベーション

満員

青山 豊久みどりの食料システム戦略とスマート農業

農林水産省
農林水産技術会議事務局
事務局長
 青山 豊久

農林水産省では、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現させるための「みどりの食料システム戦略」を策定しています。また、この戦略を実現する上でも重要となるスマート農業の社会実装を加速化するため、「スマート農業実証プロジェクト」などの各般の施策を講じています。本講演では、我が国の農業の持続的な発展と新たなアグリビジネスの創出に向けた施策の展開方向を紹介します。

11:00

11:40

B24-1

草刈り・除草ワールド

黒川 俊二その「外来雑草」対策は何のため?
~管理においてどう認識しどう対処すべきか~

京都大学 大学院 農学研究科 農学専攻 雑草学分野 教授 黒川 俊二

「外来種」=悪、「在来種」=善、という短絡的思考に陥りがちな外来種問題。また、外来生物法の規制対象かどうか、生態系被害防止外来種リストに掲載されているかどうか、だけを善悪の判断材料にされている方も多いようです。「外来雑草」の問題の本質は何か?緑地管理においてその問題をどう認識し、どう対処すべきか、目的意識を持った外来雑草管理の重要性について解説します。

12:00

12:40

A24-2

アグロ・イノベーション

満員

後藤 英司植物工場の将来展望と技術開発

千葉大学 大学院園芸学研究院 教授 後藤 英司

https://player.vimeo.com/video/649422302

植物工場は現在、世界で驚異的な勢いで普及されつつあり、応用範囲は薬用植物・遺伝子組換え植物・ゲノム編集物の生産や宇宙農場まで広がっている。また、ゼロエミッションの農業モデルとしても注目を集めている。さらに、露地農業や温室園芸に比べて先端的なスマート技術の利活用が進んでいる。本セミナーでは植物工場の将来展望と開発すべき技術について講演する。

12:00

12:40

B24-2

鳥獣対策・ジビエ利活用展

藤木 徳彦国産ジビエの概況と外食産業での展望について

一般社団法人日本ジビエ振興協会
代表理事
 藤木 徳彦

国産ジビエ認証取得施設が連携し、国産ジビエの消費拡大を図る「GOGO GIBIER!」プロジェクトを今年7月から展開。14の食肉施設が協力し、
大ロットで大手外食へジビエを安定供給する仕組みに挑戦している。現在大手ハンバーガーチェーンや、企業給食、自衛隊駐屯地等への提供を行い、今後も連携先を募っていく。また、コロナ禍で外食産業を取り巻く情勢が変化する中、ジビエの付加価値向上についても考える。

13:00

13:40

A24-3

アグロ・イノベーション

佐渡 真一食べごろ予測サービス「coro-eye(ころあい)」で創造する果物業界の未来
~世界初の非破壊硬度測定による食べごろ予測が消費者・事業者にもたらす
 価値と果物業界の未来について~

株式会社サトー
グローバル営業本部 専門部長
 佐渡 真一

世界初の非破壊硬度測定機と事前に取得した軟化データから、果物の食べごろを科学的に予測できるようになりました。これにより、消費者には「おいしい果物を“おいしく”食べられる価値」を、事業者には「付加価値を付けより高く・よりたくさん売れる効果」をもたらします。『硬度』を「糖度」と並ぶ果物の両輪の指標に育て、「生産」から「消費」までの一貫した硬度管理により、「消費者満足」「業界活性化」「廃棄ロス」を同時に達成します。

13:00

13:40

B24-3

アグロ・イノベーション

【出展者セミナー】 株式会社中西製作所

阿部 茂食品加工における過熱水蒸気技術の様々なメリットについて

酪農学園大学
教授
 阿部 茂

食材を”水で焼く”過熱水蒸気の技術。これが食品加工にどのようなメリットを付与するのか。今回は主に農産物にスポットを当て、確かなデータの裏付けと共に紹介させて頂きます。

14:00

14:40

A24-4

アグロ・イノベーション

小川 浩康農家が主役!生産者と消費者を近づける『農カード』
~若手農家の取組事例~

おがわ農園 小川 浩康

新型コロナウイルスにより、野菜はスーパーだけで買うのではなくネットでの購入が増え、個人農家から買うことが増えたように感じます。
そのような状況で誕生した『農カード』はどのようなカードで、どのような過程で生まれたのか。そしてどのような変化をもたらしたのかをお伝えします。

14:00

14:40

B24-4

フローラル・イノベーション

小川 孔輔これからの花業界

一般社団法人日本フローラルマーケティング協会 会長
法政大学大学院 教授
 小川 孔輔

「花にはもっとマーケティングが必要」と日本フローラルマーケティング協会を2000年5月に創設。コロナ禍後のホームユース需要、ネット販売、サブスクの伸びについて解説すると共にこれからの花業界がどうあるべきかを展望する。どうなるのか?マーケティングの視点でお話しします。

15:00

16:30

A24-5

アグロ・イノベーション

満員

スマート農業の最新動向と今後の方向性

北河 博康

株式会社MOGITATe
代表取締役社長
 北河 博康

スマート農業とは、ドローンや自動走行トラクターだと思っていませんか?今や、ロボット・AI・IoT・人工筋肉等の様々な最新技術やデータを活用した“新しい農業”が始まっています。また、シェアリング、ロボット等の操作者の育成、保険、エネルギーなど、スマート農業を支える周辺サービスも続々登場しています。「最先端スマート農業」ブースをプロデュースする講師が具体的な事例をベースに、今後の方向性を説明します。

笑農和(えのわ)が提供するスマート農業のカタチ

下村 豪徳

株式会社笑農和
代表取締役
 下村 豪徳

富山県の農家の生まれ。農業を改革すべく笑農和を創業。「IT農業を通じて笑顔の人の和を創り社会に貢献する」を企業理念とし、現在は稲作で一番作業時間のかかる水管理を超省力化する『paditch(ぱでぃっち)』を主力製品として開発・製造・販売を一貫して行っている。paditchの特徴は、スマートフォンと水田の水門やバルブをIoTで繋ぎ、事務所や自宅、外出中にも遠隔で水位・水温の確認や開閉作業を行うことができるシステムである。

「大きく育てるために、小さく始める」スマート農業の普及・促進で地方創生を実現へ

佐々木 剛

ビジネスソリューションパートナーズ合同会社 代表社員・CEO
特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構 農林水産部会長
 佐々木 剛

農業の現場では、依然として人手に頼る作業や熟練者でなければできない作業が多く、省力化、人手の確保、負担の軽減が求められています。また地方の多くは担い手の減少と高齢化が重要な課題となっています。こうした状況をスマート農業を通じて解決し、地方創生を実現する為には何が求められるか、東北山形県での自身の活動事例を交え、スマート農業との「向き合い方」をお話しします。

【パネルディスカッション】「スマート農業」を加速するための仕組みづくりと課題

https://player.vimeo.com/video/649425346

15:00

15:40

B24-5

フローラル・イノベーション

上田 裕子色の知識は花屋の武器になる
~花を生かす色彩テクニック~

一般社団法人日本カラリスト協会
理事
 上田 裕子

「センス」は知識でカバーできる!!センスがないから素敵なブーケは作れない?
色の3属性、色相、明度、彩度からCUS®(カラーアンダートーンシステム)の基本を知ることで、「センス」はカバーできます。


A会場 B会場
11:00

11:40

A25-1

鳥獣対策・ジビエ利活用展

満員

仙波 徹鳥獣被害対策・ジビエ利活用のための取組

農林水産省
農村振興局 農村政策部
鳥獣対策・農村環境課 鳥獣対策室長
 仙波 徹

https://player.vimeo.com/video/649819921

農山漁村の深刻な鳥獣被害を踏まえ、農林水産省として被害防止対策の強化に取り組んでいます。従来の対策に加え、広域での捕獲取組の強化や、ICTを活用したデータに基づく対策の推進等、さらなる対策の強化を進めます。
捕獲した野生鳥獣のジビエ利用は毎年増加しておりますが、今後も処理加工施設におけるジビエカーや減容化施設の活用により個体の受け入れを促進させるとともに捕獲から処理加工、流通、販売段階の衛生管理の高度化を図る等、より安全なジビエの利用拡大に力を入れていきます。

11:00

11:40

B25-1

アグロ・イノベーション

田中 敏治タマゴの魅力を伝え続ける/タマゴ科学研究会
~科学的・中立的を貫いて~

キユーピー株式会社
研究開発本部 主幹研究員
 田中 敏治

タマゴ科学研究会が2013年の設立以来こだわってきたのは「科学的に正しいかどうか」です。タマゴに対する誤解を払拭し、基本から最新の情報までを読み解き、魅力を伝えることに注力してきました。一方、活動していく中で、多くのご助言を頂き、賛同くださる仲間を得て、活動そのものも少しずつ進化してきました。
今回は、科学的・中立的という貫いてきた考え方の軸と、その時々で変えていった活動内容についてご紹介します。

12:00

13:00

A25-2

アグロ・イノベーション

満員

武田 裕紀生鮮食料品等分野の流通合理化施策
―標準化とデジタル化

農林水産省
大臣官房新事業・食品産業部
食品流通課 課長
 武田 裕紀

本年6月に閣議決定した「総合物流施策大綱」では、「物流DXや物流標準化の推進によるサプライチェーン全体の徹底した最適化(「簡素で滑らかな物流の実現」)」を掲げ、併せて「労働力不足対策と物流構造改革の推進(「担い手にやさしい物流」)」も掲げています。流通量の大宗をトラック輸送に依存する生鮮食料品や花きの流通の持続性を確保するためには、物流標準化、デジタル化を強力に進める必要があります。今回は当省の流通合理化施策とその具体的事例をご紹介いたします。

荒木 勉フィジカルインターネットによる
野菜流通革命

上智大学
名誉教授
 荒木 勉

フィジカルインターネットによって世界の物流、商流を大きく変えようとする動きがあります。新鮮でおいしい野菜を全国津々浦々にすばやく届ける仕組みを提案します。現在の野菜流通の古い慣習などの問題点を明らかにし、フィジカルインターネットの考え方の説明とその有用性や実現のための方策をわかりやすく解説します。

 

【対談】

https://player.vimeo.com/video/649821073

12:00

12:40

B25-2

草刈り・除草ワールド

小林 正秀生活圏の雑草は大問題:管理者も市民も知らない本当のリスク

マイクロフォレストリサーチ株式会社
代表取締役
 伊藤 幹二

上昇し続ける冬期平均気温、CO2濃度、エアロゾル降下物、そして進行する粗放な雑草管理、雑草はその影響範囲を大きく広げ猛威をふるっている。そのような中、雑草の管理を改めようとしないのは、問題意識の希薄さと危機の本質を無視していることにある。欧米先進国は、アレルギー疾患、感染症、土壌侵食、水路妨害、有害生物・野生鳥獣害など、雑草が関わるハザードとして対処してきた。必要なことは、管理者が雑草害の本質を理解し、生活者にそのリスクを認知してもらう行動である。

14:00

14:40

A25-3

アグロ・イノベーション

宮本 健一ポストコロナにおける野菜の生産、加工、流通、消費の現状と課題
~野菜品質評価指標デリカスコアの実装による消費拡大の取組~

デリカフーズ株式会社
事業統括本部 品質保証室長
 有井 雅幸

近年の天候不順の中、国内外で発生した新型コロナ感染によって、人と生産物の流れが大きく変化しました。産地では収穫・調整などの労働力の不足が一層顕在化し、また加工・流通では原料供給の不安定や作業人員不足、さらに消費では3密を回避するために、その形態や構造が急速に転換しました。生産から消費までのサプライチェーンの現状と、スマートフードチェーン構築に向けた課題について講演します。

13:00

13:40

B25-3

鳥獣対策・ジビエ利活用展

満員

伊藤 操子私の移住生活レビュー
~山奥でリモートワークをしながら、 畑を耕し、イノシシとシカを獲って暮らしています~

 山本 暁子

都市部から中山間地へ移住して3年。「家庭菜園をしながら在宅ワークでのんびり暮らそう。」そう思っていたら、いつの間にか猟師になり、畑をトラクターで耕すほどに。
現在、猟犬や猫と寝起きしながら、在宅ワークでお金を稼ぎ、畑を耕し、猪や鹿を捕獲するという生活スタイルを送っています。
田舎でどのようなキーマンと出会い、どのように地域と関わり合いながら、今のような生活スタイルになっていったのかを中心に、実際の移住者ライフワークをお伝えします。

15:00

15:40

A25-4

草刈り・除草ワールド

【出展者セミナー】 ケルヒャー ジャパン株式会社

宮本 健一環境に優しい温水除草システム
作業の安全性向上および省力化、経費削減にも繋がる雑草対策

ケルヒャー ジャパン株式会社
業務用プロダクト部 プロダクトマネジメント マネージャー
 瀧澤 洋介

温水高圧洗浄機に除草ノズルと呼ばれるアクセサリーを組み合わせることで、ノズルの先端から100℃に近い熱湯を吐出し雑草を枯らす、それがケルヒャーの温水除草です。
除草作業にはこれまで「草刈り機を使っての人力による作業」や「薬剤を散布しての除草」などの方法がありましたが、温水除草のメリットをご紹
介いたします。

14:00

14:40

B25-4

草刈り・除草ワールド

満員

藤木 徳彦雑草の猛威の前に草刈りは気休め
―対抗できるのは叩くべき地下部を知った戦略のみ

マイクロフォレストリサーチ株式会社 取締役
京都大学 名誉教授
 伊藤 操子

日本中の鉄道・道路・河川等インフラ、諸施設の未利用地・緑地、畦畔、耕作放棄地、放任空地には雑草が席巻。対策はほとんどが地上部清掃作業(刈取り)。生えているのは、ほぼ共通でセイタカアワダチソウ、イタドリ、チガヤ等強大な地下部から再生容易な種類やクズ。実は、草刈り自身もこれらを増やしてきたのです。苦しい除草作業から解放されるためにも、対象場面からまずはやっかいな種類を駆逐し、管理容易な植生への変換が必要です。その戦略は存在します。

15:00

15:40

B25-5

フローラル・イノベーション

藤木 徳彦花のトレンドを読み解く

株式会社大田花き
商品開発部 部長
 宍戸 純

コロナ禍で花業界は大きく変わりました。婚礼、葬儀、専門店、量販店、ネット販売、サブスクなどのトレンドがどう変わったのか、また、今後どうなっていくのかをお話します。



A会場 B会場
11:00

11:40

A26-1

アグロ・イノベーション

【出展者セミナー】 花王株式会社 生物科学研究所

丸尾 達穀物の早期収量予測技術の開発

花王株式会社
生物科学研究所
 藤松 輝久

播種後、2-4週間程度の若い植物体の葉の一部を採取して代謝物解析を行うことで最終的な収量を予測する技術を開発した。土壌などの環境要因に応じた最適な資材の選択のほか、資材開発や品種開発において収量への影響を早く簡便に見積もることが可能なことから、開発の省力化、加速化、精緻化を図ることが期待される。

11:00

11:40

B26-1

フローラル・イノベーション

山本 嘉昭これからの花物流

三和陸運株式会社
代表取締役社長
 井上 博保

花の物流問題は今や喫緊の課題。繁忙期と閑散期の物流量の差、ドライバーの残業規制が厳しくなる2024年問題への対応、輸送効率化、輸
送容器の統一、情報の一元化など今後の対応策についてお話します。

12:00

12:40

A26-2

草刈り・除草ワールド

後藤 英司盛土・切土法面の適正管理:主要管理対象である法面をどう対処すべきか?

株式会社白崎コーポレーション 佐治 健介

我が国の地形は起伏に富み、丘陵を含む山地の面積は国土の約75%を占めている。道路、鉄道、河川、農地、電力施設など、各々の場面においても必ず傾斜地(法面)があり、そこが重要な管理対象となっている。本公演では、各場面において様々な姿で存在する法面に着目し、各場面での役割や管理の仕方、場面間の関連性等についての分析を行い、今後の法面の適正管理のあり方について提言を行う。

12:00

12:40

B26-2

フローラル・イノベーション

稲葉 達也花屋さんでの品質管理
~意識の違いで日持ちは伸びる~

株式会社花佳
代表取締役社長
 薄木 健友

お客様に自信を持って花を販売するためには? 切り花、鉢物は管理次第で日持ちします。「花の水揚げ」のスペシャリストが花の管理方法を伝授します。お客様とのコミュニケーションにも役立ちます。

13:00

13:40

A26-3

アグロ・イノベーション

河合 博不確実な時代に対応する生鮮流通に向けたデータ連携の可能性
~効率化、付加価値向上、環境対応とスマートフードチェーン~

公益財団法人流通経済研究所
農業・環境・地域部門 部門長 主席研究員
 折笠 俊輔

新型コロナウイルス感染症や自然災害など、あらためて農林水産業の生産、流通を取り巻くリスクや環境変化への対応の必要性が浮き彫りになっています。ここでは、そういった環境の変化や様々なリスクに対応し、生産した農林水産物を効率的、あるいは付加価値を高めながら販売・流通するためのデータ連携のあり方について、環境対応の視点も踏まえながら、スマートフードチェーンの取り組みの事例を通じて解説します。

13:00

13:40

B26-3

フローラル・イノベーション

伊藤 幹二青山フラワーマーケットが支持される理由

株式会社パーク・コーポレーション
ブランドクリエイター
 江原 久司

「手軽さ」+「上質さ」のお買い求め易い商品、立寄り易い雰囲気・サービス、お客様目線を基本として、差別化された商品開発、付加価値の創造がどう図られていくのかを解き明かす。今、ホームユースが伸びてきて、特に若い人にも花を楽しんでもらうおうと言う中で、青山フラワーマーケットの売れる秘密がヒントになります。

14:00

14:40

A26-4

アグロ・イノベーション

満員

久留原 昌彦農産物の“価値”を届けるスマートフードチェーン

株式会社日本総合研究所
創発戦略センター エクスパート
 三輪 泰史

スマート農業による農業生産の変革に続き、農産物流通のデジタルトランスフォーメーションが進展している。国の複数の実証事業ではデータやAIを活用した需給マッチングシステムの構築が試みられており、フードロス削減への貢献が見込まれる。さらにデジタル技術を活用して農産物の価値を消費者に的確に訴求する仕組みも出ている。本セミナーでは農業の発展の切り札となるこのようなスマートフードチェーンの具体事例を紹介する。

14:00

14:40

B26-4

鳥獣対策・ジビエ利活用展

川村 英範このままでいいのか? 鳥獣対策
~自然共生の原点から獣害を考える~

ワイルドライフ・サポートHARU
代表
 和田 晴美

鳥獣対策がこのままでいいのか?数年後には人手不足で不安だと言う悩みが多く寄せられます。人材・地域育成や連携を今回は県、市町、集落のかかわり方と防護柵や捕獲の技術の見直すポイントを提案いたします。

15:00

16:30

B26-5

満員

【バイオマスエキスポフォーラム 2021】
地域活性化の新潮流! 豊富な地元バイオマス資源を活用した次世代ビジネスプラン

地域活性化、まちづくりをテーマに、バイオマス資源を利用した、地方経済創生と環境保全の共生・取組みを4つの具体的な事例から解説します。
急速な経済的発展を続け、膨大な人口を擁しエネルギー消費や環境問題に大きな影響を与える東南アジア地域のバイオマス資源を活かしたエネルギー創生、高付加価値製品化、そして環境対策技術を通じ、地産地消・外消による地域活性化など、SDGs時代の地域発展モデルを紹介します。
また、地域林業活性化が進み手入れの行き届いた森林は、豊かな資源となり、きれいな空気、美味しい水を作り、多くの命を育みます。そして、災害を防ぎ、流域の食物の生産地に栄養豊富な水を供給し、住宅木材や林産製品、バイオマス燃料を安定的に生産しています。
自治体、団体、事業者、金融機関をコーディネートして、地域サプライチェーンを生み出し、環境を守り地域活性化に導いた成功メソッドを紐解きます。
さらに、福島県矢祭町での廃校を改築した木質バイオマスプラント利用施設の概要や、長野県安曇野市、他全国で進む地元森林資源を活用したバイオマス熱電併給と地域活性化、加えてトマト栽培、レンコン栽培の成功事例を公開します。
また、群馬県渋川市の廃校利用といちごの施設栽培への取組み、島根県津和野町での林業活性化、宮崎県都農町での休耕地を活用したバイオマス燃料用早生樹の試験植林での、町内循環型エネルギーへのステップを解明します。

15:00~15:30

小杉 昭彦東南アジアでの熱帯バイオマス資源の安定調達・利活用技術による地域環境保全と日本型国際貢献

国際農研(国立研究開発法人国際農林水産業研究センター)
生物資源・利用領域 プロジェクトリーダー
 小杉 昭彦

15:30~15:50

小泉 美峰福島県東白川地域 4町村連携による森林資源の活用と地域活性

奥久慈流域林業活性化センター
事務局長
 小泉 美峰

15:50~16:10

O. バルテンシュタイン福島県矢祭町、長野県安曇野市、他、自律分散型バイオマスエネルギーと地域コラボレーションの方程式

Spanner株式会社
代表取締役社長
 O. バルテンシュタイン

16:10~16:30

※都合により、講演者が変更になりました。
沼 真吾群馬県渋川市、島根県津和野町、他、自治体とバイオマス資源と発電ビジネスの協奏曲

フォレストエナジー株式会社
バイオマス事業部 プロジェクトマネージャー

生田 雄一

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.