出展者インタビュー

草刈り・除草ワールド

ケルヒャー ジャパン株式会社

マーケティング部 マネージャー(インタビュー当時)

尾形 幸也 氏

尾形様のお立場と出展製品について教えてください。

(尾形氏)
業務用製品のマーケティングを担当しています。
今回当社は除草剤や刈払機による除草ではなく、温水除草システムによる“高温温水を地中に浸透させて、雑草の根を枯らす”というソリューショ
ンをメインに紹介しています。

今、感じている課題は何ですか?

(尾形氏)
当社は清掃機器の総合メーカーです。豊富な製品ラインナップとお客様の清掃に関する課題を一緒になって解決できるソリューションもあります。それらをお客様にどのようにお伝えしていくべきかといったコミュニケーションについて常日頃課題と感じています。展示会への出展は、お客様とのコミュニケーションできる重要な機会として今後も積極的に行っていきたいと考えています。

出展のきっかけを教えてください

(尾形氏)
2019年に初めて出展したところ、想像以上に多くのお客様に当社ブースにお越しいただく事ができ、関心の高さを実感しました。こうした経緯もあり、昨年の1小間から、今回は4小間に増やしました。

今年の出展に対するハードルはありましたか?

(尾形氏)
新型コロナウイルスの影響もあり、実際に展示会が開催されるのだろうかという心配がありました。

当社の方針としては、今年も開催されるのであればぜひ出展したいと考えておりました。除草剤を使わず、お湯だけで雑草の根も枯らすことが出来、除草回数を翌年から減らせる温水除草ソリューションを多くの来場者の方に知っていただきたかったのです。そのため、無事に開催されて安心しました。

社内にも色々なご意見があると思いますが、出展の決め手は何でしょうか?

(尾形氏)
やはり、昨年の結果です。展示会全体の来場者数や、当社ブースへの集客、費用対効果が良かったことです。

2020年出展してみての感想は?

(尾形氏)
コロナ禍ですが、想定していたより驚くほど沢山の来場者数ですね。当社のブースでは、1時間毎に温水除草のセミナーを、開催していますが、立ち止まって聞いてくださる方がとても多く、今回も関心の高さを実感しています。

本日はありがとうございました。

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.